Latest Entries

今日はめっちゃ活躍した…(自分でいう…)

朝は出勤のおとーさんに合わせて起きることなく
(5時起きとか毎日は無理…)
(ちなみに説明しておきますがこの時期ウチのおとーさんには休みがない)
(いや、あっても休まない…)
(なんだか~あと頑張っても3年ほどなんでほっておきましょうって感じ?)
(言っても聞かないし…)

っで、7時半に起きて軽く朝ごはん、洗濯を済ませた後に四郎の散歩に出かけ
クリーニングに行き買い物に行き、昼食を作り食べさせ
次男を友達のおうちに送り届け

ここからがメインの「某巣」巡り

「○ケモンGO」の話ですが
ここS県ではそんなに簡単に「巣」とかありませんし

結構集めるのって大変なんですが

だいたい数日前のアップデートで
「戻ってきた人」ってのも多少いるようで

アップデート前に行った違う「巣」に比べたら本日はそこそこの賑わい

しかし~
そこ(今日行った巣)はもともと子供連れの多い公園なもんで
ただ賑わって見えただけかもしれません

四郎も散歩に連れて行ったんで
(いつものことながらいつもの散歩コースと違うと)
引きずられつつだったし…

お目当ての○ケモンはアメ100個になって
進化も出来て何よりでございました

帰ってから四郎をお風呂に入れて
風呂を洗い、ご飯も作って息子たちに食べさせて…

また11時に帰ってくるおとーさんを待たないといけないのね…

そしてやっぱり目が痒い…
(来てはいるけどまだまだよ…)

あらためてどっちも悪いって思う?

「グレイズ・アナトミー12」第11話ですが

残念ながらこのドラマもとっくにシーズン12が終わってますが…
(あぁ~ぁ)
頑張りますわ…
(だって、も~感想書くドラマも少なくしてるし…)
(ってか、見てるのも相当少ない)

っで、今回は元祖(多分)ウザウザなコンビ(夫婦?元夫婦?)
のジャクソンとエイプリルのお話

っで、いかにもジャクソンが
新しい相手見つけたかのように見せかけての
全然違う話

結局ジャクソンとエイプリルの話なんだが…

ホントに最初からなんだが
エイプリルの奇行があっての
ジャクソンの当然の反応って思ってたんだが

あの時間を巻き戻した展開を見ていくうちに

「それ選んだのアンタ(ジャクソン)じゃん!」ってことに
改めて気づかされるという…

その「奇行」が好きで一緒になったんちゃうんかい!
っとはっきりと思いましたね(そこが大事だった?)

っと同時に

やっぱみんな年取ったよね

っと思ったり…

エイプリルとかホントきれいだった…

でも中身は全然変わってないよね(失礼?)

そこがいいところだとは思うんだけど

ジャクソン、どーしてあのとき一緒に戦場に行かなかったかな…
だったり

どっちもどっちなのね、この2人はやっぱり…

そして妊娠か…
っで、知ってて離婚か…

あぁ~ぁやっぱ、エイプリルだわ…

色々な考え方があるんですが…

「キャッスル4」第3話ですが

CSIとかでもどこかで(って確実な話ではありませんが)
出て来てたお話だったような?

人体とか脳の冷凍保存の話

っで、「医療技術が進んだら解凍して治してね」ってことで
死んだ遺体を冷凍するそうなんですが

む~
最初から妻が怪しいとは思ったんだが
殺した理由が「ずっと一緒にいたいから」って…

そこら辺の方が「ありえん!」っと思ったんですが…
(なんだか~夢も希望もないお年頃?)

あの「遺体冷凍保存会社」の存在も凄かったんだけど
(実際あるの?死体の扱いはどーなるの?)
殺人事件とかに悪用されないの?とかも気になりましたが

あの「迅速な作業」(死んだらすぐ冷凍)には驚かされるものが…
(鮪とかさんまとかも迅速な冷凍が大事だとは聞くが)

警察も何のそのって…

そこらはマズいよね

冷凍期限とかあるのかな…

夫婦一緒に目覚める保証もあるんだかな…

色々謎も多いけど面白かったかな…

次男、学級閉鎖だし…

「キャッスル4」第2話ですが

次男がウチにいてめんどくさいですが
キャッスルの感想などを書かないと…

今回は自警団もの
っで、ヒーローものでしたが

最終的に
そのヒーローを利用しての「ただのウザいヤツを殺人」
ってところだったと思います
(話がこみ過ぎて最後分からなくなる?)
(だいたい真っ二つにした意味も分からない)

途中「作家」と「警察官」の恋愛もあって
キャッスルとベケットが自分たちを重ねるってとこもありましたが

まぁそれだけってとこです

一番心に残ったのは
大統領夫人(@24)の部長(?)が
「大岡裁き」みたいなことやってたことで
(解説では不祥事逃れってこともあったらしいが)

怖いのが少しマシに感じられたところだったか…

あとは~アレクシスの大学に行く話で
キャッスルがボロボロになって行く
ってのは…

気の毒だったり、しょうがない感じもしたり…

3回は見たな…

「グレイズ・アナトミー12」第10話ですが

そんなに(いつもに比べれば?)変なお話でもなかったんだけど
アレックスの患者の女の子が相当にウザウザで
(かつてはアレックスもウザかったんだけど)
見ても感想を書けず、見ても書けずを繰り返し

多分すでにこの話を3回は見てしまった
(そーゆーこと多し)

っで、内容はメレディスのセラピーとかオーウェンとネイサンとか
カリーとペニーとかありまして…

メレディスのセラピーが
いつものセラピーシーンよりも面白かったのは
担当の先生が妙に押しつけがましくなく
「私じゃない方が良くない?」みたいな感じで聞いてた
ってのが良かったのかな?

ウザ系で終わりそうだったセラピーも無事終わってた

そしてオーウェンとネイサン…
なんだか~読め過ぎ…
更にあの手術シーン…
なんだろう…カッコいいっていうより
「なんなん?」って印象が残ったのはオバ(私)だけなのか?

そんなこんなでオーウェンとアメリアは
イイ感じに戻っているんだか何なんだか…

ジョーとアレックス
カリーとペニーはより戻して
(あんまり触れたくない…また数話後にはガタガタするに違いないし)

今回大いに笑えたのはマギーとアンドリュー(名前を初めて知る)
そしてリチャード…

アンドリューの「携帯」はいけないと思うよね
患者なら怒ってる…

リチャードの反応は「ふふふ…」だったけど
相手を知って次回からの対応はどーなるんだか…

深く考えると悲しいものがあるんだが…

「ホワイトカラー6 ファイナルシーズン」第6話(最終話)ですが

はぁ~終わりました
でも「ようやく感」はなくちょっと悲しい気分だったね~

最終的にケラーがらみでの刃傷沙汰(刃物ではなかったか…)
だったんだけど想定内って感じでもあって

「そうよね」って思って

更にニールが死んだことになって
モジーが大いに悲しむってところでは
こっちまでかなり悲しい気分にもなって涙し…

でも「死ぬわけないよね」っと思い…

その割にモジーが真相を知らないんだか
すんごくホントに悲しがってて

ってのが見てて辛かったんだけど…

あのモジーまでも欺いての死んだふり

そういえば何かで「ロミオとジュリエット」の
ジュリエットが使ったのがふぐ毒ってのあったよね
(多分そのテは「CSI」?)

可哀そうだったな~モジー

でもニールもあ~しないと自由にはなれないと
数シーズン前の「逃げたとき」に悟ったってことなんだろうし…

どっちも可哀そうってことね

ニールもモジーと別れなければならなかったんだから…
相当の覚悟をもってってことだったんだろうし

ってことで毎回けなしてたワリに
最終回はとても悲しくニールらしく終われて
メデタシ、メデタシ~?

知らぬが仏…

最近ニュースに出てた、いわゆる「お騒がせ動画」で
北九州市のモノレールの駅でレールの上で喜んでる中学生

ってのがありましたが

あれ見て一番に長男に聞いたんですが
「あれって危なくないの?」っと…

以前に聞いてたんで…
地下鉄とかレール下に高圧電流が流れてるって…

っで、長男のひとことは当然
「あぶない…」

そして翌日見かけたワイドショーでも
「黒焦げになってもおかしくない」ってことだったんで…

あの子たち酔っぱらってたワケでもないんだろうに…
(酔っぱらってた?)

「無知」ってすごいパワーだよね
(ってニュースではなかったと思うんだけど、そー思ってしまうよね)

では、始めましょうか…

「ホワイトカラー6 ファイナルシーズン」第5話ですが

あと1話で全部終わりにしてはあんまり緊張感も感じられず…
なんですが

でも終わるんですね…

っで、もうこんなんなったらケラーが動き出さないワケもなく
そしてニールも動き出さないとは考え辛く…

(どの道中途半端感は否めない…)

っで、モジーが頑張って
連邦銀行の国外からの現金輸送する航空便を操ることに成功!

って、そんな話考えたこともなかったけど
ドル札がアメリカに帰って来るなら
円も日本に帰って来るんだよね?

だったり…

なんだかその話はワクワクしたり…

っで~もぐら(スパイ)をさがして
っケラーは違うヤツをスパイに仕立ててウィットフォードに差し出して…
(この辺は「ニールにする」と見せかけて…ってところがドキドキしどころ)

そしてモジーが仲間にすんごく入りたがってるんだけど
ニールがそれを嫌ってるってことで~

最終ピーターをスパイ容疑で死んだ仲間の穴埋めにした
ってことでしたが…
(ここんとこモジーじゃないのね)

そういえばインターポールの人が殺されたことは
ポールの中でケラーの仕事ではないのか?

も~ニールがポールを売って終わったら
「大どんでん返し!」だがそれはないな…

毎年のことながら…

なんだかこの日は特別ですな…

「風化」とか言われてますが

なんたってあの地震を体験したのって
我が家でオバ(私)だけ…

あの時間にオバ(私)の布団の上で寝てたワンコはもう他界…

前にも書いたかもしれないが
ウチのおとーさんは当時名古屋にいたからあの揺れ、音を知らない…

なんだかな…

テレビで見る「黙とう!」ってので
ホントに心から黙とうしてしまうのは1月17日だけかもな…

あんな地震がまた来るのかな…

おそろしいわ…

色々あるんですが…

週末にこなした行事が色々あるのですが

1つは三男がらみで「塾で暴れて」(ってほどのことでもないんだが大ごとだった)
塾からのお呼び出しとかがあったんですが

今年の初詣やらなにやらで
「今年は何事にも負けませんように…」と激しくお祈りしたおかげだか何なんだか

こちらが「一方的に謝る」っということにもならず
平常心のまま(いや、あんまり言われっぱなしだとキレる気がしてた)
無事そこら辺は終了しまして…
(双方平謝り状態で終われた)

そんなかなりうっとうしいことを済ませたのが土曜日

開けて日曜日には長男の成人式だったんだけど
男子なもんで、更にオシャレとかヤンチャ系とかでもないんで
袴とか着ないし、フツーにスーツで出掛けただけなんで
まぁワタクシが手を貸す用事もなく…

っで、式も終わって車で迎えに行ったら
長男の友だちが数人いて
その中でも小学校の時からひときわ目立ってた「出木杉くん」的友だちも、
他の色々あった子たちもみんな立派になってて
(近くに住んでるのに出会わないものね)

うれしかったなぁ~

みんなにお会いできて…

そしてこの日曜日、息子の成人式より大事だったのが
母の「出初式」…

ワタクシ今年地域の「婦人消防隊」ってのに属してたんですが
(知らないうちに…)
そんなんで
市内の「出初式」に参加したんですけど…

中身は各消防関係の表彰がメインで
あとは来賓のご挨拶…

その間、暖房のない体育館でじーっと聞いてるだけ…
すんごく寒い…
それに耐えてただけ…

そのあとに放水訓練でしたが
それも見てただけ…

その後地域に帰って来てから
ちょっとしたお食事をごちそうになって帰っただけって…

まぁいつも通りのユルい参加だったんですが
(やらされるときはやらされてるからいいんだけど)

しかし~毎年市内であんなことが繰り広げられてたなんて…

ちょっと勉強した気分になりました

Appendix

プロフィール

陽陽陽

Author:陽陽陽
ココは主に(大幅に遅れた)「海外ドラマ」の感想&3人の「息子たち」(専学2・中1・小5)と保護犬出身・四郎の話です

H道出身・関西のS県在住(ついに)50代主婦

ウチのおとーさんは単身赴任を終えて戻って来て2年目

過去の記事はリンクやらアマゾンやらの表示がまだちゃんと出来てません(ごめんなさい<(_ _)>)

つぶやいてないTitter
「怠惰な母ですが…」始めました

月別アーカイブ

いつもど~も~♪

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
808位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR